キャバ嬢の仕事、一生懸命がんばります。


by vlxddvgszz
 参院予算委員会は26日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して、2009年度第2次補正予算案の総括質疑に入る。質疑に先立ち、菅直人副総理兼財務相が趣旨説明を行う。
 自民党の舛添要一前厚生労働相が最初に質問に立ち、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題や、民主党のマニフェスト(政権公約)に反して政府がガソリン税の暫定税率廃止を見送ったことなどを追及。続いて、林芳正政調会長代理が経済財政運営について政府の方針をただす。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<掘り出しニュース>中原中也は「なかはらなかや」?詩集に読み仮名誤記−−山口の記念館(毎日新聞)
女性は仕事後に5歳老化!?(産経新聞)
<雑記帳>「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田(毎日新聞)
<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)
我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
[PR]
# by vlxddvgszz | 2010-02-02 21:25
 小説「ノンちゃん雲に乗る」や「クマのプーさん」の翻訳などで知られる児童文学作家、石井桃子さんが平成20年4月に101歳の生涯を閉じて間もなく2年。世田谷文学館(世田谷区南烏山)は2月6日から4月11日まで、没後初の回顧展「石井さんの本はみんなの宝もの 石井桃子展」を開く。創作、翻訳、編集者、文庫活動−と、幅広く活躍した生涯を300点以上の資料で紹介する。

 石井桃子さんは埼玉県出身。子供時代から読書好きで、大学卒業後、文芸春秋社などで編集者として英米児童文学を紹介。自ら翻訳、昭和15年に岩波書店から出版した「クマのプーさん」は戦前の子供を夢中にさせ、人気を定着させた。

 戦後は「ノンちゃん雲に乗る」などの児童文学を創作。「ピーターラビットのおはなし」「ちいさなうさこちゃん」などの絵本を翻訳する一方、昭和33年に子供図書館の先駆となる「かつら文庫」を創設。40年発刊の「子どもの図書館」は全国に広がる文庫活動のきっかけになった。晩年まで創作意欲は衰えなかった。

 回顧展は推敲(すいこう)の跡がうかがえる書き込みが入った原書、執筆に使っていた筆記具や辞書などの愛用品、写真、書斎で保管していた自身の著作などの書籍が紹介される。

 同館学芸員、小池智子さんは「石井桃子の名前を知らなかった人も、作品は必ず触れたことがあるはず。『これが全部、石井先生の本か』という驚きがあふれた展覧会になると思う。先生の業績に触れ、作品を読み直すきっかけにしてほしい」と話している。

 観覧料一般700円。原則月曜休館。【問】TEL03・5374・9111。

検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)
女子中学生大麻事件で少女に譲渡容疑でラップシンガー逮捕(産経新聞)
バイクで信号無視、容疑で大阪・岸和田の高校生逮捕(産経新聞)
[PR]
# by vlxddvgszz | 2010-02-01 21:13
 24日に閉幕した社民党大会は、主要ポストの国会対策委員長と政審会長の決定に至らず、夏の参院選に向けて挙党一致を目指した福島党首(消費者相)の求心力低下は避けられない。

 福島氏は24日、国対委員長には照屋寛徳衆院議員を充て、政審会長には阿部知子衆院議員を留任させる方針を決め、両氏に打診した。しかし、事前の調整が足りなかったこともあり、両氏が固辞、国会開会中に両ポストが空席となる異例の事態を招いた。

 人事混乱の底流には、福島氏や重野幹事長ら執行部の党運営に対する一部議員や地方組織の不満がある。参院選での民主党との選挙協力も思うように進まず、社民党が重視する米軍基地問題でも譲歩を迫られているとの不満が強い。党内では「民主党に譲りすぎだ。きちんと主張できる人材を執行部に置くべきだ」との不満が根強く、一時浮上した「党首代行」設置を求める声もくすぶる。23、24両日の党大会でも、米軍普天間飛行場移設問題で地方代表らから「県外、国外移設で踏ん張るべきだ」との指摘が相次ぐなど、参院選に向けて独自性を発揮するよう求める声が上がった。

 役員選考の仕組みも、新体制作りを難しくしている面がある。党則では国対委員長と政審会長については党大会での了承に先立ち、両院議員総会で選任手続きを経るとしているからだ。このため、福島氏は24日の大会開会中も、壇上の党首席をしばしば外し、別室で人事の調整に追われた。昼の大会休憩中に両院議員総会を開いたものの、予定時間を超過したため、午後の再開は約1時間も遅れ、大会運営にまで影響が出る事態になった。

 重野氏は大会終了後の記者会見で「(人事は)お互いに納得したうえで決めないといけない。事前の作業が不十分だったと率直に反省している」と釈明した。

 この日決まった新執行部の主な顔ぶれは次の通り。(敬称略)

 党首 福島瑞穂▽副党首・選挙対策委員長 渕上貞雄▽副党首 又市征治▽幹事長 重野安正▽副幹事長 中島隆利

死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
社民党首、重野幹事長の続投固める=一部が反発、調整難航も(時事通信)
診療報酬改定「評価項目は慎重に決定を」―日医(医療介護CBニュース)
<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
[PR]
# by vlxddvgszz | 2010-01-31 01:20
 東京都江戸川区の区立松本小1年岡本海渡君(7)が両親から虐待を受け、死亡した事件について、川端達夫文部科学相は26日午後の閣議後記者会見で、学校側の対応を「子供が大変な目に遭っているのではないかという感度が非常に低かった。極めて残念だ」と批判した。
 文科省は同日付の通知で、各教育委員会などに児童虐待防止に向けた対応を徹底するよう要請。この中で、教職員が虐待の早期発見に努め、疑いがあれば確証のない段階でも児童相談所などに通告することを改めて求めた。 

【関連ニュース】
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正
小2、エアガンで目に重傷=発射の小6男児を送致
厚労省庁舎に巨大リボン=児童虐待防止の願い込め
5月に別の寺でぼや騒ぎ=古刹放火の10歳男児
10歳男児が放火、古刹全焼=2人けが、児童相談所に送致

<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
飲酒運転繰り返す、鹿嶋市職員2度目の懲戒免職(読売新聞)
成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
踏切で1人倒れ、助けようと…高齢夫婦死亡(読売新聞)
[PR]
# by vlxddvgszz | 2010-01-29 16:56
 来月にプルサーマル発電開始が予定されている愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機(加圧水型、出力89万キロワット)について、国の原子力安全委員会は25日、四電の耐震安全性評価を妥当とした原子力安全・保安院の結論を認める決定を出した。

 四電の安全性評価は、耐震設計の審査指針の改定に伴って提出していた。同県は、四電に対し、プルサーマル発電で使用するMOX燃料(ウランとプルトニウムの混合酸化物)の取り付けまでに、国と県から耐震安全性の確認を受けることを求めている。今回の国の決定を受け、同県も近く耐震安全性について審議する予定で、計画通り2月上旬にMOX燃料が取り付けられる見通しが強まった。四電は想定される地震による最大の揺れの強さを570ガルとして耐震安全性の評価をしていた。【柳楽未来、栗田亨】

【関連ニュース】
伊方原発:プルサーマル学習集会 強行反対を採択−−八幡浜 /愛媛
伊方原発:燃料集合体に微小穴 キセノン漏れ、定検で判明 /愛媛
伊方原発:プルサーマル計画 反対団体、四電本店に抗議文 /愛媛
愛媛・伊方原発:プルサーマル計画 四国ネット、四電に抗議文 /香川
伊方原発:「プルサーマル中止を」 市民団体が四電に申し入れ /愛媛

不審火で自宅全焼…女子中生に「殺す」と脅迫、龍谷大生を逮捕(産経新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
消えゆく戦後…旧海軍整備工場が70年の歴史に幕(産経新聞)
<新素材>98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
<小沢事務所>別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
[PR]
# by vlxddvgszz | 2010-01-28 14:44